外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国料理以外でも韓国スタイルで~ドヤッ、全部乗せだぜ~

韓国人の食事の仕方は汚いけれど、確立されている。
イタリア料理でもフランス料理でも、もちろん日本料理でも韓国スタイルを貫き通す。

どういうことかというと、一皿一皿の料理を大切にしコンセプトもきちんとある各国料理だが、韓国人にかかれば作りての意図とは反し一つ一つの料理がすべてごちゃまぜにされてしまう。

アンティパスト、オードブルや懐石としての前菜として出される料理が全部スプーン(なぜかフォークや箸ではなくスプーン)の上に無理矢理乗せられ一気に口の中へ放り込まれる。
一品一品に料理人の思いが込められているにも関わらず。

人の気持ちを考えず、自分さえ良ければ良いと言う考えは食事にも現れ作り手の意図など考えない。
全部一緒に食べれば彼らにとっては美味しいのかもしれないが真似しようとも真似できるものでもない。

だけど韓国料理以外の作り手も韓国人ならば、きっとこれでよろしいのかもしれない。
一品一品食おうが、全部まとめて食おうが大して味に差異はないだろうから。

素材ではなく調味料を味わうのだ~ビチャ、ベチャ、ドヴァ~

見たくもないが、韓国人の食事を見ているとどうやら調味料を味わうのが食事ということらしい。

刺し身ならば、韓国わさびを付けて韓国醤油にたっぷり浸す。
とんかつならばソースにたっぷり浸すか、カツをソースの中で泳がせる。
味噌をたっぷりつけて色々重ねて葉っぱで巻いて、口の中へ。

基の素材の味はどこに行ったのであろうか?
なんなら調味料を食っているのだろうか?

調味料が美味しければ料理が美味しいということであろうか?
それに加えて口の中に食べ物が入ったままで韓国焼酎や韓国ビールで流し込む。

食べ物の味なんてわからないであろう。

きっと韓国人や韓国在住者の言う美味しい店というのは調味料が美味しい店ということなのだろう。

韓国情報に触れなければストレスは減る~いらない情報は脳への負担~

以前は、韓国で生活しているのだからと韓国の情報に目を通していた。
しかしそれがストレスとなって気分が晴れない。

韓国の情報なんぞ、ほぼどうでも良い事だらけなので為替等の経済以外の分野に目を通すのを止めたら気分が落ち着いた。

韓国の天気予報はあてにならないから、普段の天気は天気図から読み解けば良いし気温の方もなんとか見当がついている。

大雨のニュースや政治関連のニュースなど大きなものはまだ目にするが、どれもこれも韓国人ならではの人災や自業自得なものばかりで目にした途端に嫌悪する。

どのような出来事も自業自得なことばかりで、経済もおぼつかないようだがここで生活する人々が幸せそうなので良いのではなかろうか。

救急車~韓国人でも6割の人は道を譲ってあげるよ~

街中を走る救急車。
救急車が後方から迫ってきたら道を譲るのが世界共通の常識。

世界数十カ国を回って見てきたが、各国大抵95%以上の車は道を譲っている。
インドネシアでもペルーでも、そのような渋滞が激しい国でも急病人のために道を譲る。

しかし、韓国。
救急車を見たら、もしくは救急車のサイレンの音が聞こえたら、道に突っ込めだ。
救急車に道を譲るよりも自分が優先。救急車の前に出て救急車よりも先を急ごうとする。

このような国だから、もちろん救急車と一般車が衝突する。
いらない事故が起きて、追加の救急車が必要になるし、急病人はもしかすると助からないかもしれない。

だけど、この国の人にとっては関係のないこと。
自分さえ良ければ良い。他人のことより自分のこと。

それでも6割の人が救急車に道を譲っているのだから立派ではないだろうか。

韓国焼酎ってあれと同じだ~麻薬のようなものかしら?~

今まで飲んだ酒の中で一、二を争うまずい酒、韓国焼酎。
蒙古の酒も飲みづらかったが、これほどまでではなかった。

私は韓国焼酎が不味くて、よっぽどのことが無い限り飲むことは無いが、韓国焼酎を飲む人を見ているとみなさん「カ~ッ」と苦しそうに飲んでいる。
韓国焼酎が食道を通るときに灼けるのか、はたまた一気飲みをするから苦しいのかわからないが、美味しそうには見えない。

そこまでして韓国焼酎を飲む意味は何か?などそんな無粋なことを考えたりはしない。

だけどこの光景、どこかで見たような???

そうだ、インドの密造酒だ。
インドでは酒の販売が厳しく制限されているので、金のない人間や酒がどうしても飲みたい人間によって工業用エタノール等で作った密造酒が作られる。
そこまでして飲みたいのかなんてのは、酒が自由に飲める国の人の意見であって、それくらいしてまでも酒を飲みたい輩はいるものだ。

彼らも、飲料用ではない酒を苦しそうに飲んでぶっ倒れる。
それこそ、体が灼けるのだろう。

インド人が飲むエタノールの密造酒と韓国人の飲む韓国焼酎。
飲み終わりに発するカ~ッという声が同じなので、どちらも同じような成分なのだろう。

引きこもっていればストレスは少なくて済む~目にするだけで嫌悪感~

諸事情により1ヶ月弱を引きこもって生活していた。
ほぼ外には出ない生活。必然と韓国人との接触も少なくなる。

最近では、若い韓国人女性を見るだけでも嫌気がさし気分が悪くなる。
もちろん性的な魅力など皆無で、若い韓国人女性が着用するようなファッションを見るだけでも気が萎える。

年齢のせいか生活環境のせいか、男としての活力が減退しているような気もする。

家から出ずに生活する分には、排水口からの韓国臭に悩まされるが人との接触よりはまだましだ。

韓国人との接触もないものだからネタも尽き加減である。

正直言ってすっかり飽きてしまったこの国の生活は今後どうなるのだろうか?

果たしてこれが鬱というものなのだろうか?

トイレで手を洗うと服がビショビショになる~トイレでも油断はできません~

トイレに行って手を洗って出ようとします。
手を洗っていると隣に韓国人が来ました。

手を洗うというより濡らして出ていこうとする韓国人。

同時に、水に濡れた犬のように手を思いっきり振ります。
隣に人がいようが関係ない。
自ずと韓国人の振り払った水で私の服が濡れてしまいます。

人のことを考えない、周りを見ない人達なのでどうこうしろとは言いません。

今後は韓国人が手を洗いに来たら(手を洗うだけでも珍しいのではあるけれども)逃げるか、韓国人が手を洗わないすきに手を洗うようにしようと思います。