外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

はじめに

私は、韓国という国、韓国人が大嫌いです。

すぐに嘘をつく、嘘を嘘とも思わない。自分さえ良ければいい。ルールを無視する。

このわかりやすい例えが、2002年サッカーW杯での決勝トーナメント1回戦のイタリア戦、準々決勝のスペイン戦です。

これらの試合で韓国は負けていたはずでした。

なのに、審判の買収等で勝ち上がった。

私が韓国を嫌いになった最もの要因の一つは、勝ち上がったことに対してではなく、サッカーという競技そのものに対する侮辱です。

彼らはサッカーをつまらなくした。ルール違反しても勝てば良い競技にしてしまったことです。

それ以来、韓国という国を嫌いになり、疑いの目で見続けています。

日本人を侮辱する猿真似をしたキ・ソンヨンロンドン五輪でのパク・チョンウの行動は人間として、スポーツ選手としてサッカー選手としてサッカーの舞台を大いに愚弄しています。 

そんな私が、韓国・釜山で生活することになりました。

こんなに大嫌いな国で待ち受けているものとは。

どんな生活(試練)が待ち受けているのか。

 

そんな日々を綴っていきたいと思います。