外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

カルメッキル1-1コースを歩いてきました

カルメッキル1-1コース:12.2km
コースタイム:4時間20分(昼休憩40分含む)
行程:10:30林浪海水浴場-13:10ホンドゥケカルグクス-14:50機張郡庁
備考:全道ほぼアスファルトなのでスニーカーでよい

f:id:busan_kurashi:20201007171704j:plain


最初の1コースは、釜山の中心部から約30km離れた機張郡の林浪(イムラン)海水浴場からスタートし、機張郡庁を経て海雲台のムーンタンロードまでの約34kmの道のりです。


流石に34kmを一日で歩くのは辛かろうということで、1-1コース12kmを歩いてみることにしました。

 

9月某日、釜山の街からバスを乗り継いで揺られること1.5h(遠い。。。)

スタート地点の林浪海水浴場に到着です。


ここからスタートです。まずはスタンプを押します。
(スタンプ帳は、カルメッキルの地図と一緒に釜山駅等の観光案内所でもらえます。)

f:id:busan_kurashi:20201007182550j:plain

海では漁師さんが魚を獲ったり、家族連れがピクニックを楽しんでいます。

f:id:busan_kurashi:20201007171756j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007171808j:plain

我々より前に歩き出そうとしていたおじさんおばさんのパーティは、出発地を見つけられなかったのか、分かりにくいとか、もっとよく分かるところからスタートさせろとか喚き散らしながら歩きだしていきました。
そんなに分かりづらいでしょうかね~?


で、このおじさんたちの集団、スタート直後からコースを外れてどこかに行ってしまったかと思いきや途中の漁港で昼食を摂っているなど、行動がよく分かりませんでした。
韓国人って不思議です。。

f:id:busan_kurashi:20201007183054j:plain

早速歩きだしますが、このルートは海沿いを行くルートのため、海岸線を歩いては小さな漁港に出て、また、小道を歩くようなパターンです。

f:id:busan_kurashi:20201007173035j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007173102j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007173240j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007182942j:plain f:id:busan_kurashi:20201007182954j:plain

途中には、養殖場があったり、ドライブインがあったりするだけで、単調な道が続きます。


漁村ではおばあちゃんがのんびりしていたり、港では釣りをしていたりとなんとものどかな光景です。

f:id:busan_kurashi:20201007173208j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007173309j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007182855j:plain

適度に休憩を取りつつ2時間30分ほど歩くとイルガン海岸に到着です。
ここで、当初からの目的の一つであったホンドゥケカルグクスというカルグクス専門店でカルグクスを食べることにします。

f:id:busan_kurashi:20201007173332j:plain

f:id:busan_kurashi:20201007173348j:plain f:id:busan_kurashi:20201007173408j:plain

大盛況でしたが、期待していたのとは違った味でした。。

 (食べたのはメニュー一番上のカルグクス4,000ウォン)

 

お腹もふくれたことですし、また歩きだします。
しかし、先程のカルグクス、量が多かったですね。
歩いてきた分、お腹も空いていたので完食してしまいましたが、体が重くて歩く気分にはなれません。
しかし、歩かないことには家に帰れませんので、嫌々ながらも歩きます。

f:id:busan_kurashi:20201007173548j:plain

ゴールの機張郡庁まではもう少しなので、なんとか歩きます。

 

最後は普通の街道脇の歩道を足には応えるアップダウンを繰り返しながら、ひたすらカルメッキルリボンに沿って歩きました。

 

ついに、カルメッキルの最初のゴールです。
スタンプを押して終了です。

f:id:busan_kurashi:20201007173628j:plain

なお、お昼ごはんの反省を活かして、次回からはおにぎり持参で歩くことにします。