外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国のおじさん~釜山のおじさんはいつもノリノリYeah, Yeah~

韓国のおじさんと聞くと、どんなイメージでしょうか?
おばさんならイメージできるでしょうが、おじさんだとあまり関わることもないので、イメージが湧かないでしょうか?

f:id:busan_kurashi:20201021212221j:plain

 

韓国人は電話が大好きです。
いつでも電話を握りしめ、毎日家族と通話します。しかも長電話です。
車の運転中も電話を離しません。運転しながら携帯をいじくります。
前を見ていないので、危ないです。

私の住んでいる釜山のおじさんも電話が大好きです。
自分が話すよりも通話相手が話していることが多いせいか、受け答えは「yeah, yeah」です。「ヤー、ヤー」ではなく、「イェ~イ、イェ~イ」です。
釜山弁で「はい。はい。」という相槌です。
電話じゃなくても、いつでもイェ~イ、イェ~イ言ってます。
はっきり言って、うるさいし、耳障りです。
私は、このイェ~イ、イェ~イが好きではありません。

おじさんの携帯電話の着信音はみな同じです。
なので、バスや電車で携帯の着信音が鳴ると、おじさんがみんな一斉に携帯を取り出します。滑稽です。
風呂場に携帯を持ち込んだおじさんの携帯が鳴りました。
みなさん、携帯は脱衣所に置いてきているはずなのに、一斉に湯船から出る素振りを見せます。
みんな同じ動きをします。
みんな同じ着信音です。

街を歩いていると、向こうからおじさんがやってきます。
おじさんは真っすぐ歩けません。
なので、真っすぐ歩いているこちらに寄ってきます。
寄ってきたくせに避けようとしません。
しかも、ぶつかりそうになると怒ります。ムカつきます。

おじさんは後片付けをしません。
おじさんは使ったものを元の場所に戻さず、いなくなります。
子どもでもできることをおじさんはやりません。
蹴飛ばしたくなります。

おじさんは偉いです。
おじさんは自分が世界で一番偉いと思っているので、横柄です。
上から目線で話してきます。
たちが悪いです。

会社でもおじさんは偉いです。
おじさんが上司だと、酒の席でグラスが空いたら注がなければなりません。
おじさんが乾杯を強要したら飲まなければなりません。
おじさんのペースです。

おじさんが、部下の昼食の権限をも握っています。
おじさんの好みでお昼が決まり、食堂に食べに行くので、従わなければなりません。
今日はおじさんが食べたいものを食べたい気分じゃなくても、食べなければなりません。
先頭をきって部下を引き連れる姿はまるでボーリングのピンです。

おじさんの一張羅は登山服です。
山に登るわけでもない都会の真ん中でも登山服です。
足先まで完璧に決めています。おじさん界ではこれが正装です。
なので、若者は登山服を着ません。

 

日本と同じように、50代以上のおじさんはこの国でもいらないと思われているのでしょうか?

日本では、バブル期入社のおじさんのほとんどは本当にいらないと思います。
時代の流れについて行けず、無駄なあがきばかりしています。
日本の20年前を見ているような韓国でも、同じように思っている若者はいるはずです。

おじさん、人の振り見て我が振り直せです。

f:id:busan_kurashi:20201021212704j:plain