外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

レンズを修理に出しました~日本語は通じません~

f:id:busan_kurashi:20201029152800j:plain

私は趣味で写真を撮っています。

先日愛用のレンズが壊れてしまいました。
古いレンズということもあり、仕方がありません。
症状は、ズームのトルク調整リングの油が切れかかって回せなくなったのと、直進ズームが広角端まで戻らなくなってしまったことです。

旅行に行く際は、必ず持っていく便利ズームなので、大変困りました。
日本にいれば、銀座のサービスセンターに持っていくだけなのですが、こちらではどうしたらいいものかと悩んでおりました。

南浦洞のカメラ屋に持っていくしかないかと諦めていたところ、西面にサポートセンターがあることが判明。

f:id:busan_kurashi:20201029152457j:plain

西面駅の近く

f:id:busan_kurashi:20201029152733j:plain

4階

早速出しに行ってきました。

窓口で、「日本人なので韓国語は話せません。」と伝え、日本語ができる方の登場を期待しましたが、「あっ、そう。」で終わり。
仕方がないので、英語である程度のことを伝えましたが、埒が明かないので、妻に電話し、通訳してもらいました。

とりあえず、レンズは預かるということで、後日再度の連絡となりました。
韓国国内では、流通していないレンズのようで、直せるかどうかわからないとのことでした。

 

預り証は紙とショートメッセージで受け取り。こういうところは、韓国は進んでいますね。日本も見習うべきところです。

期待せずに気長に待つことにします。

なお、南浦洞のカメラ屋に修理を依頼しても手数料を取られるだけで、物は西面のサポートセンターに集まり、西面で修理できないものは、ソウルに行くとのことです。