外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

カルメッキル3-2コースを歩いてきました~釜山の下町にタイムスリップ~

3-2コース:15.8km(ロッテデパートで終了したので、歩いた距離は約14km)
コースタイム:4時間50分(昼休憩30分含む)
行程:11:00釜山鎮市場-14:00昼食-15:50ロッテデパート南浦
備考:全道アスファルトなのでスニーカーでよい

f:id:busan_kurashi:20201029122301j:plain

 

3-2コースは、釜山鎮市場から再開です。

f:id:busan_kurashi:20201029122338j:plain


釜山鎮市場を出発し、線路を越えるため地下道をくぐります。
そうすると、家具の街の佐川です。
朝鮮式アンティーク家具の店が結構あります。
裏通りにはこんな壁画も。。

f:id:busan_kurashi:20201029122359j:plain


自国民である女学生に鉄砲は向けないでしょう。。。
相変わらずの歴史の捏造です。

コースは山の上の公園に向かっています。
急坂のため、生活の足としてこんなエレベーターもあります。

f:id:busan_kurashi:20201029122448j:plain

まるで、チリのバルパライゾです。

公園を過ぎると山の斜面に建つ家並みが現れます。
ブラジルで言ったらまさにファベーラです。

f:id:busan_kurashi:20201029122516j:plain


そんな風景を見ながら山を若干下ると今度は、昭和チックな街並みが広がります。
まるで時が止まったかのよう。。

f:id:busan_kurashi:20201029122613j:plain


漫画アートも1980年代のようだし、街も昭和の商店街のようです。
物も安いし、まるでその時代に迷い込んだような錯覚に陥ります。
しかし、妙に懐かしく落ち着きます。

f:id:busan_kurashi:20201029122628j:plain


山肌に所狭しと建つ家々の後ろには高層ビル群。
開発の間で生きる人々の暮らしが垣間見えます。

f:id:busan_kurashi:20201029122715j:plain

f:id:busan_kurashi:20201029122729j:plain


そんなノスタルジーにふけりながら丘を下ると釜山駅に出ます。

f:id:busan_kurashi:20201029122756j:plain


そろそろお昼にしようと中華街を歩いてみますが、軽く食べられるようなところはなさそうなので、先に進むことにします。
中華街はロシア街も隣り合っているんですね。
久しぶりのキリル文字に興奮しましたが、私のロシア語の発音が朝鮮語っぽくなってしまって。。。どぎつい釜山弁のせいですw

昼食は、中華街を抜けたところのユッケジャンのお店で摂りました。

f:id:busan_kurashi:20201029122903j:plain

f:id:busan_kurashi:20201029122916j:plain

辛くないユッケジャンスープを食べてお腹が満たされ後は、南浦洞の裏通りを通って釜山タワーへ。
久々の釜山タワーです。ここでスタンプを押して丘を下ります。

f:id:busan_kurashi:20201029122959j:plain


国際市場からチャガルチ市場を通って、ロッテデパートに到着したところで、交通の利便性等を考えて本日はここで終了です。

f:id:busan_kurashi:20201029123032j:plain


ロッテマートで買い物して帰ろうと思ったら、本日は定休日でした。。。