外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

法治国家ではありません~日本よりも上級国民優遇です~

韓国はすぐに法律が改正されます。
1年おき、または数ヶ月で法律が変わる、あるいは新法が制定されます。
政権の都合の良いように法改正が行われます。
朝令暮改も甚だしいです。

また、この国は、法治国家ではなく情治国家です。
国民請願制度によって、法よりも情が優先されます。

ペダル(韓国のバイクでのデリバリーシステム)のバイク運転手が、信号無視または制限速度違反で激走します。
れっきとした交通違反ですが、韓国国民は配達員が仕事で急いでいるのに、警察官が取り締まるのは給与が減ることになり可愛そうというアホな見解で、警察は取り締まりません。
そのため、バイクによる信号無視や逆走は当然で、歩道もバイクが激走しますし歩道を歩いていてもバイク優先という、途上国並みの交通ルールです。

何かを規制する法律にしても、勲章あるいは国家による表彰を受けている者は、一度目の違反は見逃すと公然と書いてあります。
えっ?なにそれ?のレベルです。
なので、偉い人は違反しても罰せられません。

アフリカのどこかの途上国でしょうか?

韓国はこんな国なのです。
当然、日本のように外国人が優遇されることはないので、韓国に来たら気を付けて生活する必要があります。
(これについては、日本が異常なだけで、どんなに悪いことをしても自国民を保護するものだが、日本だけ外国人優先という馬鹿な国なので困ったものである。)

WTOやその他の国際的な枠組みでは、韓国は戦略的に途上国を名乗っていますが、実質途上国なのです。
面と向かって、「途上国だよね。」と言うと、怒りますけどねw