外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

フィルムカメラ~釜山での現像について~

私は、フィルムカメラでも写真を撮ります。
父親から譲り受けたCANON NewF-1と55mmの単焦点レンズを持って散歩にでかけます。

f:id:busan_kurashi:20201127231927j:plain


最近、フィルムの価格がどんどん上がっています。
日本にいる時は、アマゾンやメルカリを利用してフィルムを購入していました。
アメリカに旅行した時には、大量にフィルムを購入するなど、フィルムの確保が大きな問題です。

f:id:busan_kurashi:20201126232609j:plain

フィルムの価格は、アメリカが1とした場合、日本は1.5、韓国だと3くらいです。
最近では、韓国でもフィルムカメラが人気のようで、南浦洞に行くと若い人が中古カメラ屋を覗いているのを目にします。

フィルムカメラで写真を撮っていて、フィルムの確保と同様の問題が、現像です。
日本にいる時は、郵送で現像を依頼していました。
そうした場合に、現像した画像を見るまで、大体3週間ほどかかっていました。

釜山で、どのようにして現像しようかと考えていた時に、南浦洞のカメラ屋さんで、ロッテデパート横の駐車場脇に現像できる店があることを知りました。

それ以来、いつもお世話になっているトピック写真館・現像所です。

f:id:busan_kurashi:20201126231034j:plain

f:id:busan_kurashi:20201126231049j:plain

南浦駅と中央駅の間の地下ショッピングモール10番出口を出てすぐ

f:id:busan_kurashi:20201126232506p:plain

現像料金は、135mm(35mm)のカラーネガフィルムで4,000ウォン/本、白黒で6,000ウォン/本です。
各種カードで支払う場合は10%増しになります。
現像は、遅くても次の日までにしてくれて、メールにて画像を送ってくれます。
ネガは、保管してくれているので、後日直接店舗に取りに行けば良いです。

日本にいる時よりも、即座にかつ安く現像できるので大変助かっています。