外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国の技術力~学歴と見栄の弊害~

韓国には、まともな職人がおりません。
日本のように、技術が蓄積されていないのです。
これも教育制度、韓国人特有の見栄の弊害でしょう。

網戸が壊れたので、網戸屋が来ました。
網戸修理専門業と車にも書いてある、おじさんの網戸職人です。

1回目、持ってきた網戸の部品が合いません。カッターも持っていないとのことで貸しました。そのカッターを窓から落としました。
で、無くなりました。。。
2回目、おじさんが注文した網戸の部品が合わない。網戸を取り外して帰っていきました。
3回目、網戸を直せないと言いました。壊れたままで良いから、もとに戻せと言って戻させました。
おじさんが来る前よりもひどくなりましたwwww
かわいそうなので、飯代(10,000ウォン)くれてやりました。

f:id:busan_kurashi:20201223154921j:plain

こんなのも直せません

バスルームの換気扇の修理のために、電機屋が来ました。
工事が終わりました。
結果は、換気扇とバスルームの照明のスイッチが、一回線に統合されてしまいましたwww
電気をつけると換気扇も回り、電気を消すと換気扇も消えます。余ったスイッチ一つが意味をなしません。。
不便になりました。余計に電気代もかかります。。。笑うしかないです。ギャグですw

韓国では、良い大学に入って、良い企業に就職させるために、親は勉強させます。馬鹿でも必死に勉強させます(諦めませんwww)。
大学に入っても、良い会社に就職できないと意味がありません。
そのため、無駄にあがきます。

そうすると、若い時に、手に職を付けることもままなりません。時間だけが過ぎていきます。そのため、職人は育ちません(職人は負けも同然です。。。)。
そのうちに競争社会に振り落とされ、見様見真似のなんちゃって職人になります。

韓国人の子供の夢は、社長です。ですが、それは大きな会社の社長です。
小さな会社の社長は落ちこぼれです。一人親方なんて以ての外です。

韓国人は、負けず嫌いで見栄っ張りです。
自分が競争社会で「負けました」とは言えません。

おかしな教育制度と、くだらない見栄の弊害がここに出ています。