外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国人の味覚~辛いものにしか味を感じない~

多くの韓国人は、辛さの違いには敏感に反応します。
唐辛子の違いも分かるようです。

f:id:busan_kurashi:20201230151022j:plain


しかし、(ほとんどの韓国人は)他の味への反応はできません。
なので、何を食べても一緒と感じていることでしょう。

ビビンバなんて最たるものです。
すべてごちゃまぜですから。
胃に入ったら何でも一緒みたいなやつです。

こんなんですから、繊細な味なんてのは理解できません。

韓国でしばらく生活していると、韓国料理に飽きてきます。
そもそも、韓国も韓国料理も好きではない私にはなおさらです。

韓国料理って美味しいですか?
味付けが単純じゃないですか?
赤ければ、唐辛子たっぷりで辛くて、白ければ後から塩味を追加する。

韓国料理を食べていると、どれもこれも同じ味に感じてくるようになります。
変化がないのです。

そのため、大多数の韓国人は、味覚が発達しているとは言えないでしょう。
繊細な味や、匂いにとても疎いです。刺し身でもなんでもコチュで食べるのですから味なんてどれも一緒です。素材の味なんて無視です。

食べ物が喉を通るときに、鼻から抜ける匂いなんて決して感じておりません。
なので彼らは、臭いものでも食べられます。魚の鮮度が悪くても唐辛子でごまかしますし。

韓国にいて繊細な味を楽しもうなんてのは、到底無理な話です。

旅行に来て一時的に味わう韓国料理は、日常とは違ったものとして受け入れられるでしょうけれども、韓国に住んでからの毎日の韓国料理はもちろんのこと、多国籍料理を食べるのにも苦労します。

これは、韓国人が世界に出て他国の料理を食べていないのが大きな原因でしょう。

旅行にもキムチを持っていくくらいの人々ですから。