外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

朝鮮人の無礼~感謝の言葉を口にできない~

私が、子供の頃の話です。
私の田舎では、慈善活動と日韓友好の一環で、韓国の学生をホームステイのような形で受け入れ、農業研修等を行っていました。

1週間ほどの研修で、農業技術や品種の栽培方法、経験等を実地で丁寧に教え、実地研修後は日本文化にも親しんでもらいました。
研修の講師は、年配の方が多く、研修後のもてなしも、地域の主婦でした。

研修課程を終え、朝鮮人から研修の感想と、受け入れへの感謝の言葉が述べられる機会がありました。

その際に、一人の研修生から「今回の日本側の我々の受け入れは、当然のこと。何故なら、日本が韓国に対してしてきた過去の無礼を考慮すれば、これ以上の歓待があってもおかしくなかったはず。これまでの無礼を詫び、逆に我々に感謝して然るべき」と言い放ちました。

これには、もてなした年配の方も唖然となり、怒りをうちに込める方もいましたし、あまりのことに、涙を溜めている方もいました。

私も子供ながらに、なんと無礼な奴らと思ったのを覚えています。

このことがあって以降、私の田舎では朝鮮人の受け入れをやめ、朝鮮人が来ることすら拒否しています。

地域のおじいちゃんおばあちゃんの心を踏みにじった朝鮮人を私は許せません。

文句を言うにせよ、自分の政治信念を述べるにせよ、まず最初に「ありがとう」の言葉も言えない、彼らを悲しく思うとともに、どうやっても分かり合えない人々であると思っています。

そんな人達と結婚するような日本人にしても嫌悪してしまうのは、こういうことがあったからでもあります。

なので、韓国人と結婚したような方は、早く日本国籍を放棄し、朝鮮人になってくれることを切に望んでおります。