外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

グラムが通じない~英語の発音が理解されない~

釜山も段々と暖かくなってきて、春が近づいているのが実感できます。
すると、困るのが下水の匂い。
外に出ると、臭い街釜山が蘇ります。本当に臭いです。なんでこんなに臭いのでしょうか??

先日、食料品を買いにスーパーに行きました。

塩豚を作ろうと精肉売り場へ。
豚バラを500g(オベックグラム)ほしいと言ったところ通じません。
若干日本語ができる店員さんで、豚バラなら切れているもの(切られて陳列されている商品)でもかわりませんよ。と言います。
そうではなくて、塩豚を作るので塊でと言っても(英語や日本語を交えて)理解してもらえません。

仕方ないので、携帯で塩豚の写真を見せて納得してもらったのですが、500gが分かってもらえません。
こちらでは、グラムではなく、クゥレムもしくはグゥレムと言うんですね。

このように、韓国語と普段使う日本語や英語との発音が違うものが多々あります。

Netflixもネップリックスですし、車のタイヤはタイオです。
他にもありますが、欧米由来の言葉で、日本語でも変な発音はありますが、韓国の言葉では余計わからなくなるものがあります。

欧米由来なら、欧米の発音でも理解できるようにしていてもらいたいなと思うところです。

この国の人達は、韓国語こそ世界一と思っているようですが、はっきり言って何を言っているのかわかりません。

“ツ”やFの発音ができない時点でかなりの欠陥があると思うのですが。。。。

日常生活での若干笑ってしまう出来事と困りごとでした。。