外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国の犬に生まれなくてよかった~犬が不憫です~

韓国人には論理的思考というものがありませんね。反論するにしても感情を前面に出し、根拠を示さない。喚き立てるだけで、相手が納得するような論証を示すことはない。本当にこどもですね。

感情面でも知能面でも大人になりきれていないから、国がメチャクチャですね。こんな国や人を好きになる人の気がしれません。つまり、好きになる人も同類ということですよね。

さて、先日散歩をしていると、2匹の犬を連れている女性がいました。

女性の進行方向から犬を連れた人がやってくると、女性の犬が相手の犬を威嚇します。
犬も韓国人丸出しですww

女性は、犬が襲いかかろうとする(相手の犬も威嚇していたので、遊ぼうとする感じではなかった)のを抑え、引き剥がすと、今度は2匹の犬同士でじゃれ合おう(取っ組み合いとも見れた)としました。

すると、その瞬間、女性が犬に思いっきり蹴りを入れました。
“ボゴッ”と鈍い音がしたくらいの蹴りです。

犬がそれほど好きではない私も、可愛そうだな、大丈夫かなと思うくらいでした。

そんな風に、犬を躾るなら飼うなよと思います。
また、よく抱っこされている犬を見かけますが、犬が嫌がっているのが分かります。
それに、犬が飼い主の意図とは違った行動をちょっとでもしようものなら、大声で叱りつけますし、よく叩かれているのを見かけます。

犬に服を着せ、禁止されているスーパーの中まで犬を連れて行くくらい可愛がっているのに、やっていることが分かりません。

(韓国人と犬については、過去の記事でも書きました。) 

busan-kurashi.hatenablog.com

韓国人が犬を飼い始めたのも最近のことでしょうし、犬を虐待するようなら飼うのは止めたほうが良いのではないかと思った次第です。

犬を飼うことが一種のステータスであり、ブームなのは分かりますが、それって単なる人間のエゴです。犬はおもちゃではなく、生き物です。ブランド品ではありません。

犬を飼っている方なら、犬を飼っていない私の考えに納得できない方もいるでしょうが、私が犬を飼っている韓国人の行動を見たままに書いた次第です。