外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

マンドゥクッ(餃子スープ)を食べる~喉が渇く~

せっかく韓国にいるのだから、週に1回くらいは韓国料理を食べてみようと、マンドゥクッを食べてきました。

お店は、アジアード競技場近くのクムガンマンドゥです。
釜山でマンドゥクッで検索をかけるとここが出てくるくらいにメジャーなお店です。

f:id:busan_kurashi:20210304155930j:plain

注文したのは、マンドゥクッと忠武キンパッのセット(9,000ウォン)。

f:id:busan_kurashi:20210304155747j:plain

f:id:busan_kurashi:20210304155824j:plain

マンドゥクッとキンパッとパンチャン(おかず)が配膳ロボットで運ばれてきます。
さすが、IT大国。だけど、最後はおばさんの手で給仕です。
役に立ってるのか立ってないのか分からないロボットです。。
(おばさんの笑顔を見ると役に立っているとは思う。)

マンドゥクッの味は、まあふつうに美味しいです。
絶賛するほどではないけど、まあ美味しい。それに、あんまり韓国的ではない。。
なんとなく、学生時代の味です。

忠武キンパッは、赤いのと食べないとただの海苔巻きです。
おかずは、なんか、機械的な味。

マンドゥも小さかったけれど、とりあえず完食して店を後にしました。

店を出て、しばらくすると喉が乾いてきます。
そんなに塩辛かったっけ?と思いながら、考えてみると、そういえばインスタントな味だった事を思い出しました。

ふつうに美味しいと感じたのは、インスタント的な味だったからですね。
化学調味料が多く使われているのではないでしょうか。。

とりあえず、ごちそうさまでした。

f:id:busan_kurashi:20210304155913p:plain