外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

釜山でコーヒー豆を探す④~あ~、全然ブラジルじゃない~

コーヒーを求めて釜山教育大学(釜山大学教育学部)駅にやってきました。

4軒目のお店は、MONOSCOPE Coffee(釜山教育大学駅2番出口目の前)です。

f:id:busan_kurashi:20210405234004j:plain

店に入ってすぐに、ブラジル産のコーヒー豆(9,000ウォン/300g)がありましたし、店員さんも薦めるので、迷わず購入。

飲むのを楽しみにして、家に帰りました。そして、飲んでみると。。。

はい、全然ブラジルじゃありません。

300gも買ってしまい多いな~と思っています。。

コーヒー豆を扱うお店に色々と行ってみて分かってきたのですが、多分、韓国人は、豆の生産地に行ったことがないのだと思います。
生産農家を訪ね、現地でコーヒーを飲むということをしていないのではないかと。。

コーヒー豆商社が輸入したものを、そのまま購入し販売しているのではないかと思います。

それに、韓国人のコーヒーの飲み方は極薄のアメリカーノ
なんなら、コーヒー豆の代わりに黒豆の煮汁でも同じ黒い色なので、わからないんじゃないかと思うくらいです。

なかなか韓国、釜山で美味しいコーヒー豆を探すのは難しいようです。。