外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

不快な音~ラーメンやそばじゃないんだから~

時々パスタが食べたくなります。
幸いにも、イタリア製の麺がこちらのスーパーでも売っているので、それを家で調理し、日々研究しております。

作るのが面倒だなと思う時には、外に食べに行きます。
この国で食べるパスタは、早くて安い、カプリチョーザサイゼリヤ的なチェーン店のローリングパスタで十分です。
(チェーン店ではありますが、韓国人の作るパスタよりも、作り方がマニュアル化されているのでふつうに食べられます。韓国人は、奥の深いパスタの調理についてなめている上に、バカみたいに値段が高いので、このレベルで十分です。フニャフニャの麺が好きな人達なので、芯の残る麺に美味しさを感じないのでしょう。それに、味より見た目にこだわりますしね。。)

食べる時は、韓国人から離れた場所(席)で食べています。

それは、、、

韓国人はパスタをすするから。。
そばやラーメンのようにパスタを「ズズズッ」とすすります。
この音が大嫌いです。韓国人にとって、麺は全て同じなのでしょう。

はいっ、日本人もすするよって!?
そうですね、すする人いますね。
軽蔑して見てしまいますね。

そういう人達って、ヨーロッパ等に行ったことがないのでしょうね。
欧米人が日本に来て、そばをすする音にヌードルハラスメントだと言うのは言いがかりですが、パスタをすするのはヌードルハラスメントですね。

くちゃくちゃ、ズズズッ
韓国人は食べる時には何でも音をたてますね。

きっと、韓国人と結婚した女性もパスタを食べる時には音をたててすすっていることでしょう。
ヨーロッパなんて行ったことないですもんね。韓国に来る費用の5倍以上かかりますものね。
それとも、スプーンに乗せて食べていますか?あれはあれで、奇妙な風景ですよね。

パスタを食べる時はフォークとナイフです。
スプーンが出てくるのなんて、日本と韓国くらいですよ。
変なの。。珍妙です。

あ~、美味しいパスタが食べたい。