外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

人が信用できない~韓国人ではなく、日本人です~

私も妻も美味しいものを食べるのが大好きです。
特に彼女は、美味しくないものを食べると不機嫌になるくらいに、一食にかける意気込みがすごいです。

韓国・釜山でも美味しいものを食べようと色々と探しますが、なかなか見つけることができません。
まるで、イギリスにいるような気分です。。。

「この店が美味しかったよ」とか、「この店の〇〇は最高。まだ行ってないの?どうして行かないの?」と、妻は職場で言われるそうです。
そこで、職場の同僚と一緒に食べに出かけると、「美味しくなかった。。」とか、「あれの何が美味いのかわからない。。」となるそうです。。

なぜそうなるのか考察してみると。。
勧めてくる人の共通項が、韓国料理が好きなこと、何を食べても美味しい感じること、自分で料理をしない・できないこと、韓国に来て太ったこと、腹がふくれればいいということ、スシ●ーが大好きなこと。と、ザッとこんな感じです。

実際に、私もここが美味しいよとかと知り合いの韓国人に薦められますが、得てしてそれほど美味しくはない。。

味覚が違うので韓国人にはそれほど不満はありませんし、韓国人の口コミで高評価のところはたいてい美味しくないのでそういうものだと割り切っていますが、日本人から勧められた店の方が、美味しくないから困ります。。

韓国に駐在経験のある同僚達も「韓国に美味いものはないよ~」と言っていたのですが、旅行で来る分にはそんなことは感じないとしても、住んでしまうと本当に美味しいものがないというのが率直なところです。。

そのため、あそこは美味しいよとか、あのレストラン(韓国レストランではない他国料理のレストランでも)は美味しいという人の意見がどうも信用できなくなってしまっています。

〇〇は美味しいということを嬉々として語る人が信用できなくなってしまっています。。。