外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

白い服~事件ですよ、奥さんッ~

釜山もすっかり夏です。
連日暑いですが、日本のようなジメジメとした暑さがないのが若干の救いです。
夜になれば風も吹きますし、気温が下がります。

さて、夏の暑さを凌ぐためにも、服装は涼し気なものが好まれます。
おじさん、おばさんは相変わらず登山服ですが。。。

ところで、女性の服装。白い服の方がちらほらいらっしゃいます。
特に凝視するわけでもありませんし、目に入るだけなのですが、、、
なんと透けている。。。嘘つきに囲まれているため、私に透視する力がついたのだろうか??

肌着の色等が分かってしまいます。。しかも、上のではなく下のです。

私個人は、韓国人に全く興味がないので、何にも感じませんが、さすがに目のやり場に困ります。(変態と思われても何ら気にはしませんが。。。)

一緒にいる友だちや彼氏は気づいていないのでしょうか?
それとも、わざと言わないだけ?それとも、見せつけている?

信号を無視するくらいに色も認識できないし、制限速度の数字も分からない、一方通行という字も目に入らないし、減速という字も読めなければ見えないので当たり前かもしれません。。。

目にしても気分の良いものではありませんし、恥ずかしくないのかな~とほんの少しだけ、本当にわずか少しだけ心配してしまいます。

昔々の日本の白い服も透けてしまうものはありましたが、こちらの白い服は買わないほうが良いよというレベルの透け具合です。

安くて可愛いからといって、韓国で売っている白い服を買うとほぼ100%透けてしまいますので、気をつけたほうがよろしいかと思います。

やはりね、安いものにはわけがあるのですよ、奥さんっ!!