外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

パリパリ文化~かなりの確率で手戻りが発生する~

韓国を一言で表す言葉であり文化である、パリパリ文化。

何でも早く早くなので、朝出勤するよりも早く出勤できるからと、会社に泊まり込み一晩中電気が消えない所もあるくらい。

早く早くと急かすものだから間違いも多くなる。確認作業というものもない。

一方通行のパリパリ(何かを申請して受け取るだけ。買い物をして届けてもらうだけ)なら、パリパリでも良いのでしょうし、「日本が遅いんだよ」って、韓国好きの日本人が言うのも少しは理解できます。

だけどね、日本がどうして遅いか。
それはね、確認もしているけど、お馬鹿な人たちが書類とか間違えるからなんですよ。
間違えがあると、相手方に戻さなければならないでしょ?だから、遅くなるのです。

韓国はどうでしょう?
期限を定めて発注しても、期限前にパリパリで早く仕事を終える。早く仕事を終えたから次の仕事へ。
ちょっと待って。

日本人:早く上がってきた仕事にミスが有るよ。直してよ。
韓国人:期日より早くやったから、あなたの方で直して。
日:(あなたの仕事なので)わかりませんよ。
韓:それなら、次の仕事が終わってからね。

こんな風に結局は、手戻りが発生して遅くなる。

領収書を入れてねと言っても、入っていない。
ごめんね、後でメールで送るから。

こんな風に手戻りが発生してばかりなのです。

何でも早く早くで一見、回っているように思いますが、一緒に仕事をするととてもいい加減で信用はできないし、きちんと確認作業等を経た上で、きちんと仕事をしてほしいなと思っていました。

注文したものとは違ったものを送ってくる、書類の不備がある。
よく、こんな人たちと付き合っていたなと思います。