外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国人の不思議⑤~何でも気になる~

米国人と話をしていました。
内容は、週末に何をしていたかについて。
米国人は、週末にインチョンまで長距離運転(片道5,6時間)をしたようですが、内容を濁したので、話を打ち切って違う話題に移すことにしました。

しかし、そこに韓国人が割り込みました。

韓国人:どうして、そんなに遠いところまでドライブしたの?
米国人:いろいろあってね。。。
韓:どうして、どうして?なんで、そんなに遠いところまで?
米:う~んと、まあ、家族が米国に帰ることになりまして。。。
韓:なんでよ?なんで帰るのよ?
米:色々と事情があるのです。
韓:何その事情って?

ここまででも、米国人が話したくないことはわかりますし、普通の日本人、いや、普通の韓国人以外なら、内容を濁した時点で話を聞かないはずです。
それなのに、韓国人は突っ込みます。見ていてやめろよと思いますし、私が話していたのに横から割って入ることにも理解ができません。

米:(しぶしぶ)身内に色々ありまして。。。
韓:何が合ったの?ね~、何が合ったのよ?
米:不幸なことがありまして・・・
韓:あら、そうなの。誰に不幸があったの?                                米:そこは、、、私の家族の、、、米国にいる。。。。                 韓:えっ、、、、ごめんなさい。本当にごめんなさい。

あの~、不幸なことがありまして・・・で気づきますよね、ふつうは。どうして最後まで言わせるのかよく分かりません。
言いたくないだろうから、言葉を濁したのに、韓国人は最後まで行き着かないとわからないのです。

話したくないであろうことまで話させる。
どうしてそういうことをするのか、この人達が許せませんし、あまり悪気が無いことにも理解ができません。

人の事に首を突っ込んでまで、聞きたがる。そういったことは直してもらいたいなと思いますけど、直らないでしょう。

こんなことを、日本語で言っても仕方がないのですが、よく分からずに憧れだけで、韓国人を好きになる方には知っておいてほしいなと思ったので書いてみました。