外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

食べたいものは作るしかない①~スープが飲みたい~

釜山にはブイヨンを使ったスープが飲める(食べられる)店がほとんどありません。
日本にいる時はそれほど飲みたいと思わなかったスープが飲みたくなりました。

手軽に食べられないとなると自分で作るしかありません。
この国に来て思ったこと。それは、何でも自分で作るしかないということ。

韓国では、ビーツ1個約500gが約1,500ウォンで売られているので、ボルシチを作りました(茅乃舎の野菜だしを使用)(作り方は、各種サイトを参照)。

f:id:busan_kurashi:20210831193633j:plain

ボルシチ以外何に使うのか分かりません(漬物の色付けとか?)が、普通に売られているビーツ

トマトは、潰して使用しても良いし、トマト缶でも良いです。韓国のトマトは美味しくないので、容赦なく使えますが高いです。。。
トッピングするサワークリームは買っても使いみちがほとんどないので、クリームチーズで代用しています(写真撮り忘れました。。)

ロシアで食べたボルシチは若干酸味が強くて、スッとする味わいでしたが、ある程度は再現できたので良しとします。

近所のパン屋で買ったカンパーニュ(以前はバゲットを買っていましたが、目の前で最後の一つが買われてしまったので、代わりにカンパーニュを買ったところ、この店のカンパーニュだけは美味しいことが判明したので、それ以来カンパーニュを買ってます。店だと変にカットされるので、自宅でカットしています)を添えて完成です。

食べられないものは作るしかない。ということで、日々の料理作りに励んでおります。