外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

俺が言ってやる~秋夕(チュソク)で集まりたい理由~

こちら韓国では、明日から韓国人にとっては待ちに待ったチュソク連休です。

韓国人の一家(特に奥さん)は、シデク(義実家)に行ってお手伝いして、シデクにお泊り。そんじょそこらのホテルよりも快適なシデク。みんなで雑魚寝でまるでキャンプのようなシデク。
ホカンスならぬシデンス。あ~なんて羨ましいのでしょう。
私もシデクに行って姑や義姉等からいびり倒されたいですwww

韓国にお嫁に来ると、名節(旧正月や秋夕)や毎週末にシデクという楽しい所に行けるので、韓国好きな方は韓国にお嫁に来てシデクを満喫しましょう。

そんな、チュソク。張り切るのは俄然年配のおじさんと、年長のおばさん。
おじさんならば、誰にもヘコヘコしないで仕切れるし、酒を好きなだけ飲んで説教を垂れられるし、成功していれば自慢し放題です。

若輩者に向かって「何で結婚しない?」だの「就職はどうなった?」だの偉そうに物を言えます。
少し下の者にも「俺、偉いんだから何でも言ってよ。なんとかしてやるよ」って言っちゃえます。
気持ち良いですね。

これがチュソクの目的ですよ、年配のおじさんにとっては。
それで、決り文句の「困っているなら、俺がなんとかしてやる。〇〇を知っているから話しておいてやる」とか「俺の知り合いに財閥企業に勤めている子息がいる。知り合いに連絡してやるから会ってみないか?」とかね。大見えきるわけです。

そんで、後日どうなったか聞くと「話したけど、今は昨今の経済情勢がどうたらで無理なようだ。君自信が頑張り給え」とか「既に結婚してしまったようだ。」とか「連絡したけど良い返事がもらえなかった。君自信で探したまえ」とかね。
あれだけ、大見えきっておきながらのこれですよ。

言うときは大勢の前で。言い訳は1対1で。
格好悪いけど、これが韓国人のおじさんなわけですよ。

とにかく、「言ってやる」が言いたいだけ。格好をつけたいのです。交友関係をひけらかしたいのです。

だからね、こんなことを言いたいからね、韓国の首相はチュソクに人の集まりを緩和したわけです。
だって、来年になったら、「俺、首相じゃないもん」ですから。
威張れる時に威張っておかないと損だし、そんな事できるラストチャンスだもの。

世のお嫁さんたちの心情やコロナウイルスの拡散なんて関係ないって感じで、俺が良ければ全て良しの典型的韓国人の性格丸出しな素晴らしいおじさんにとっては、楽しいチュソクが明日から始まります。