外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

秋夕(チュソク)本番です~愛する旦那様の行いには正当性があります~

本日は、チュソク本番です。

中国由来の服を着て大いに盛り上がりましょう。昔は乳を出していたのに、いつの頃からか今のようなスタイルになりましたが、伝統を重んじる民族なのですから、昔に戻したらいかがなものかと思いますし、今のスタイルは日本が統治した時代からなのですから、元に戻すべきでしょう。まあ、どうやっても現在はファンタジー色満載の民族服なのですし。。本来は着たきりの白い服なのですが、それを着る人がいないのが不思議です。。

韓国にお嫁に来ると、名節(旧正月や秋夕)にシデクという楽しい所に行ける(ふつうは毎週末行けます)ので、韓国好きな方は韓国にお嫁に来てシデクを満喫しましょう。

チュソクには家族と言いますか、一族が本家に集合して先祖を祀る儀式が行われます(日本のお盆のようなもの)。

韓国ならではの習慣で、男性は年配になるほど偉くて、女性は奴隷です。奴隷だけれども奴隷の中にも序列があって、本家の姑が一番上で嫁が一番下。
かわいそうですね。だけど年を取れば同じことをやれますね。なので、歳を取るまで我慢しましょう。

いずれ、自分の時代がやってきますよ。時代がもう合わないとか言ってくる若者には喝を入れ、異国から来た自分が耐え忍んだ時期を思い出しながら、“恨”の気持ちで乗り切りましょう。

チュソクの主役はご先祖様です。自分には全く関係のない愛する夫のご先祖様です。

愛する夫は、親の言いなりで何の反論もしないまま、父親や親戚と酒を飲んでテレビを見てくつろいでいます。

許せないとか思ってはいけません。

愛する旦那様なのですから。あなたが愛する人なのですから。

今や、男たちは何もしないでくつろぎ酒を飲むことがチュソクです。

最高の休日と最高のオンマ(母親)の愛情のこもった料理を食べて最高の日々です。日々、美味しくもない日本料理的韓国料理もどきを食べさせられている苦痛をこの休みに払拭します。

韓国人にとっては最高のお休みは明日が最後です。可能ならば、嫁から離れて友人と朝まで飲み明かしたい気分でしょうね。