外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

イギリス人怒る~名前が分からんだろが~

コロナウイルスの流行で、最近では何でもかんでもオンラインというのに慣れてしまいました。
人に合わなくても良い。便利ですね。

先日、あるオンラインイベントがありました。
小さなイベントでしたので、参加者もそれなりでした。。

主催は一応韓国人なのですが、発言者の国籍は様々。イベントの使用言語も英語です。

zoomを使って開催されたのですが、主催の韓国人側が外国人参加者に対して、
zoomで表記される名前をアルファベットからハングルにしますと言い出しました。

それって、発言する人が誰かに向かって呼びかける時にわからなくならないか?
と思ったのですが、案の定、英国人が「何のために名前をハングルにするのか理解できない」と言い出しました。
主催者側がしどろもどろになりながら「ここは韓国なので。。」と答えます。

英国人は、「それならば、私が韓国で使っている韓国語のニックネームでいいか?」と幾分譲歩して聞くと、
韓国人「それは駄目です。本名でお願いします。」と答えます。
英国人「韓国語にすると名前の読みが変わるから嫌だ。それに、他の参加者の名前がわからなくなるし、すぐに読めない。英語のままにしろ」
韓国人「え~っと、ちょっとそれは。。。上司が。。」
上司のおじさん「韓国にいるのだから韓国に従ってください」
英国人「なら、や~めた」
と退出。他の英語圏の人も色々抗議していましたが、そのまま続行となったので、結局肝心の議論が進まず。。。

何ともなイベントとなってしまいました。

そりゃ~、英国人の言い分はごもっともです。
ハングルにしたら名前がわからないもの。ハングル化した名前なんて韓国人しか分からんでしょう。
日本でイベントやる時も聴衆がほぼ日本人なら名前を日本語で表記する場合もありますが、外国人の手元には英語読みの物があるはず。だけど、オンラインならそんな物はありません。だって、画面を見れば分かるもの。

それと同様に、参加者がほぼ韓国人なら韓国語表記というのもありますが、イベント内で対話するのが外国人同士で韓国人が少数なら英語表記にすべきでしょう。加えて、見る人が多国籍ならなおさらです。

自国優先、自国が素晴らしい。韓国にいるのだから韓国に従え。韓国にいるのだから竹島とは言うな。ウリジナルの歴史を学べ。ウリジナルのファンタジーの世界へようこそ。

どれもこれも、素晴らしい発想ですが、韓国が好きではない人や何とも思っていない人にとっては、どれもこれも迷惑ですね。

自分の都合だけで生きていると益々嫌われることになりますよ。