外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

今が旬のカワハギを買いに行く~海のフォアグラと言われる肝が絶品~

季節はもうすぐ冬です。
釜山も徐々に冬が近づいております。

寒い季節になると旬を迎えるのがカワハギです。
身の方の旬は夏場ですが、冬場になると肝が旬を迎え絶品です。

カワハギを買いに市場に向かいます。
広安里民楽にも市場がありますが、衛生面に欠けるところもあるので金海空港方面の江西区の市場に行っています。

https://pcmap.place.naver.com/place/1133108847/home?from=map&fromPanelNum=1&ts=1636379175379#

f:id:busan_kurashi:20211108230415j:plain

この市場は裏が漁港で、直接陸揚げされた魚が並んでいる鮮魚店がいくつかあり、新鮮な魚を選ぶことができます。

f:id:busan_kurashi:20211108230442j:plain

生きたまま持ち帰ることもできますが、途中で死んでしまうと一気に味が落ちるので
その場で〆てもらいます。

日本語で「〆て」と言うと通じます。

値段は1kgで30,000~40,000ウォンと店のおばさんに言われますが、500gで16,000~17,000ウォンです。なぜか安くなるのと、500g以上でないと売ってくれません。。

f:id:busan_kurashi:20211108230519j:plain

2匹で約500g

〆てもらってはいますが、一応急いで家に帰って冷蔵庫に入れるなりすぐに捌けばカワハギの肝醤油での絶品刺し身を食べることができます。

因みに韓国では肝を食べないので、刺し身で食う旨を伝えて〆てもらうようにしないと肝を捨てられてしまうので注意です。

肝を食わないでわさび醤油だけでカワハギを食べても単なる白身の刺し身なので、やはり肝が肝心です。