外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国ナイズされていく~美味しいものも美味しくなくする天才です~

世界各国の美味しいものを提供するレストランや店舗が一度は進出する韓国。

しかし、いつの間にか撤退し離れていってしまう韓国。

それは、韓国人の味覚が世界の味覚と乖離しているから。。

スターバックスも米国資本が抜け、韓国資本になり無駄なキャンペーンで利益を上げる始末。

コーヒーの味ではなくおまけで客をひこうとはなんともな経営戦略でございます。。近々、確実にコーヒーが不味くなることでしょう。

そもそも韓国には経営学という学問は存在しません(一応、大学に学部はありますが、責任のなすりつけと夜逃げの術、横領・背任をメインに教えているようです。。)。経済学もしかり。。。逆に模倣学と火病学は隆盛を極めております。

韓国に進出すると本国との味の乖離は進行し、美味しくなくなっていく。それを見かねて撤退するか、美味しくないままに営業を継続する。ブランドイメージ(のれん)が台無しです。。

韓国に進出した企業は、泣く泣くこの地を離れます。

世界で愛されている味がこの国では通用しない。。

韓国では、韓国人とアッパ○パーな永住日○人の味覚に合わせた味にしないと外国企業は生き残れません。

美味しくないものを売らないと稼げないなんてなんとも悲しい国でございます。