外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

昨年から引き続き思っていること~効果があるのか疑問~

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日が仕事始めですので、昨日までゆっくりと正月を満喫したところです。

さて、昨年12月から再開したコロナウイルス防疫のための規制強化。

ワクチンを射っていない我々は当然あらゆるところで締め出しを喰らっているわけでございます。
それに加えて、近隣でのウイルス罹患による余波を受けての度重なるPCR検査。
若干のストレスを感じている状況です。(だからと言って韓国政府への不満はありません。)

果たして、ワクチンを射ったからといってウイルスに罹患しないわけではないのですが、それにしても重症者が減らない理由如何。。

用法用量を守らなければ1回目接種を繰り返すだけで、効果が現れないのは必然です。
それなのに3回目を打ってこその防疫とかって馬鹿げている限りです。(結局は1回目接種を繰り返すだけ。。)

さらに、抗体検査が行われないのはなぜなのか甚だ疑問。日本では、大規模な抗体検査が現在実施されているところです。

やはり、ワクチンの効果がないことや実際にはワクチンを接種できなかったことが露見するのが韓国政府は怖いのでしょうね。大統領選挙も近いですし。

それにしても、韓国でワクチン接種をしている人は、韓国のことがよく分かっているはず。
それなのに、韓国のことがまるでわかっていない。(まあ、簡単に詐欺に引っかかるような人たちですから。。)

ここは韓国ですよ。
現実よりも妄想を、ありのままよりも見栄を重視する国です。

そんな国でワクチンを射っても本物のワクチンを射たれているのか、きちんとした用量が接種されているのかなんて甚だ疑問ではないですか?

つまり、この国でワクチン接種をしている人というのはよく考えない人たちということです。
日頃から人に流され自分で考えることを放棄した人たち。

日頃から考えるということを実践しないと未来も明るくはないと思います。

そんな人達が住む韓国。われこそはという方はどうぞ韓国で生活してください。

ご希望どおりの明るい未来が待っています。