外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

朝鮮(に住む)女に関わるな~確実に不幸になる~

韓国生活3年目を向かえても新たに気付くことのある国、韓国です。

日常生活でも些細なトラブルというものは日々起こるものなのですが、最近どうやらその原因の根本には必ず女性が関わっているということが分かってきました。

ある日、エレベーターに乗ったところ、先に乗り込んだ女性がさり気なく閉めるボタンを押したため、私がドアに挟まれてしまいました。(いつものエレベータートラブルです。)
一人言で文句を言ったところ、乗り合わせたおじさんが「お前がどんくさいからだ」みたいなことを言うので、言い返して見たところ、おじさんは、「ボタンを押したのは俺じゃないし、早く乗らないと危ないぜってことよ」と言ってきました。

おじさんに少し申し訳なかったのと、結局は、我先にという女性によるドア閉め事件というわけです。

この他にも交通事故現場での女性による事故誘発やスーパーでの突進事故等、いつでも朝鮮女が絡んでいる。
韓国人男性はというと、言い訳はするけど、それほどの害は為さないし、単純なのでまあ扱いやすい。
(こちらが強気に出ると急に弱気になったりするので、女性に比べればはるかに人間的(人間ではないけど、人間に近い生き物))。

要するに、トラブルの基は必ず女性なわけです。
(意味不明に発狂しているのも女性が多い。)

そのため、今後は女性とエレベーターを待っていても一緒に乗らないようにしようと思いますし、できる限り女性には近づかないように生活しようと考えています。

朝鮮人男性と結婚した、他国の女性もこの傾向があるので、韓国で女性と接点をもつ場合は気をつけなければならないなと思った次第です。

それにしても、ますます日常生活での規制が強化されていく国です。この国に来て自由がなくなりつつあるなと感じている韓国生活3年目です。