外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

コロナウイルス検査キットが売り切れ~自分の頭でしっかり考えてみましょう~

韓国ではコロナウイルス防疫体制の見直しにより、2月3日から60歳以上の高齢者等以外は即座にPCR検査を受けられなくなる予定です。

防疫体制の見直しの概要は、60歳以上の高齢者及び基礎疾患等のある人はこれまで通り保健所等でPCR検査が受けられる。
それ以外の人は市販の検査キッドを使用するか、呼吸器科のある町医者等で検査。そこで陽性が出た場合に保健所等での検査。

つまり、従来どおりのPCR検査体制はキャパシティをオーバーするので、若年層の検査の抑制を図りたいということです。

当該政府発表があったことにより、韓国内では市販の検査キットが売り切れ。転売等が頻出し、混乱が起きています。

しかし、よく考えてください。
そこまでしてPCR検査を受ける必要がありますか?ワクチンを射っている訳ですから重症化しませんよね?
無症状であれば、日常生活に支障はありませんよね?
陽性になってわざわざ隔離生活がしたいのでしょうか?
人にウイルスを移す心配をしているなら、なるべく人に会わなければよいだけではないですか?
仕事もテレワークでも可能ですし、無症状ならば出勤してでもできますよ。

政府から言われたから、何でも右ならえで従う人たち。周りがそうだからと盲目的にその流れに乗り遅れまいとする人たち。
具合が悪ければ病院に行って検査が受けられますし、治療してもらえますよ。

どうして、こうも考えられないのでしょうか?

一度立ち止まって考えてみれば、オミクロン株の大流行に対してPCR検査は無意味であることが分かると思います。
自分の頭で考えることをやめた人たちには何を言ってもわからないようです。

そもそも、この防疫体制が韓国政府により撤回されることの方が早そうではありますけどね。