外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

登山服とジャージ~相手が目上と考えればスーツを着るだけのこと~

韓国人の制服、失礼、正服といえば何でしょう?
漢服、失礼、韓服でしょうか?スーツでしょうか?

答えは、登山服あるいはジャージですね。

仕事で人と会うときはスーツを着ているよって?
結婚式や何らかの行事のときには韓服を着ているよって?

それは来ていると言うよりも着させられているではないでしょうか?
スーツは相手が取引先等(仕方なくも)敬わなければならない場合に着用し、韓服は自分が金を持っているという見栄と韓国では昔からこの服を着ているというファンタジーによる妄想によるものです。

実際に、相手に敬意を払わなくても良い場合は登山服または、ジャージで良い。
デパートでも、高級ホテルでもレストランでも登山服かジャージが正服です。
デパート等はお客様ですから追い出したりはしません。

ただ単にこのような格好は、韓国人以外の国の人が不思議に感じるだけのことです。

ホカンスをした次の日は登山かなとか、ホテルで食事をしたあとはトレーニングするのかなとか、ディナーの後には山に向かうのかなと思うだけです。

このような感じですから、韓国人のお客様は食事は別室で、ホテルも別館へとなるわけです。

もし、食事をする時やちょっと良いホテルに泊まる時に韓国人といっしょならば、他の外国とは違った景色を見ることができますよ。
外国でもどこだろうと、なぜか周りは韓国人だけという統一的風景が待っています。

やっぱりここで思うことは、「ウリが世界一!!(周りが全て同胞なので、世界を席巻した)」ということです。