外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

K防疫敗北宣言というより試合放棄~もうどうでも良くなったみたいです~

とうとう自画自賛のK防疫が破綻しました。(破綻したのに破綻したとか負けたとは言わない国民性には頭が下がりますが、昨年秋に2月にはコロナ前の社会活動に戻すと宣言していましたので、破綻というよりも無理矢理にでもK防疫を終わらせただけなのかもしれません。)

オミクロン株感染者の急激な増加で、韓国政府による感染者の把握、保護を行う体制の崩壊が懸念されるため、前倒しで自爆(濃厚接触者の追跡断念、陽性者の隔離の撤廃及び高齢者等以外の保護の中止等)しました。

オミクロン株はこれからピークを向かえるというのに、現時点で匙を投げるとはとってもいい加減な政府です。

大統領選挙も来月に迫り、現大統領の任期も5月まで。
もうどうでも良くなった気持ちもわからなくもないですが、現時点でこれをやったらお終いでしょうよ。

現在も、政府が国民に義務付けるスーパーやデパート入店時のQRコードチェック、または安心コールという携帯電話番号の登録義務は既に崩壊しており、韓国人の多くでさえ何もしない状態。

学級崩壊が起きているクラスの授業を教師が放り出してしまって、学級崩壊どころか学校自体の崩壊のような状況が今後やってくることでしょう。

自分で考えることをせず、人に指示されないとできない人たちを野放しにしたら、どうなるか想像がつかないのでしょうか?人の迷惑なんて全く考えない人たちですよ。
だから、韓国人ではあるのですけれども。

ピークを過ぎてから行う施策をピークが来る前に行ってしまう。(ピークをごまかすためにそのうち数字をいじくり始めるでしょうけど。。)

3月になって泣いてももう遅いですよ。

日本人駐在員のみなさんは気をつけましょう。
永住者のみなさんは配偶者を信じて頑張りましょう。