外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

おじさんはすぐに人に聞く~頭の上を見てごらん~

先日、いつ脱線するのか不安でしたがKTXに乗りました。

ソウル駅を出発する時に、おじさんが大声で話しかけてきました。
「この列車は釜山行きか?」

はじめは、私に話しかけているのか、加えて何のことやら分からずに無視したところ、
再度同じことを言っています。ようやく私に話しかけているのだと理解し、私は、「そうです。釜山行きですよ」と答えました。

おじさんの頭上にあるモニターは釜山行きであることを示しているにも関わらず。

このように、韓国のおじさんは、自分で確かめたり調べる前に人に聞きます。

ある時は、ショッピングモールで「ナイキの靴を売っているのはどこだ?」と生活用品店のおばさんに聞く。
ある時は、銀行を目の前にして、「銀行はどこだ?」と歩いているおばさんに聞く。

韓国のおじさんは、とにかく人に聞く。

韓国人は、人を放っておけないのかなんなのか、丁寧に教えてあげる。

韓国のおじさんは横柄だけど、憎めない一面もあります。