外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

配達員は何を見ているのか?~数字も読めないとは如何に。。~

韓国の配達は速くて安いです。
ソウルから釜山までの小包の送料は300円ほど。
こんなので利益が出るのでしょうか?

残念ながら、利益はほぼありません。
そのため、配達員が怒って労働争議を繰り広げております。
CJ大韓通運労組による暴力を伴う労働争議はテロでしかありません。

その労働者達なのですが、字も読めなければ数字も読めないと来ております。
(特に前述のCJ通運はひどい)

先日、我が家にみかんが届きました。
また妻の仕事先からの届け物かと思い開けようとしたところ、部屋の番号が違います。
この日は他にも届く予定の物があったので、もしやみかんと間違ったかなと書いてある番号の部屋に行ってみました。

すると、この部屋の前にもみかんの箱が。。
届け先の番号を見ると、全然違う番号が書かれている。

思わず、「うぉっ」って言ってしまいましたよ。

結局は、我が家に届く荷物はこの日には配達されなかったのですが、間違ったみかんは取りに来てもらいました。

このようなことは日常茶飯事のようで、これ以後もちょくちょく間違った荷物が届きます。

忙しいのかもしれませんが、数字くらいは読みましょうよ。もしくは読めるようになりましょうよ。
配達料を上げれば人材を確保できるんじゃないでしょうか?
テロではなく、話し合いでの解決を望みます。