外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

セルフサービス~店側は何もしないということ~

韓国でもセルフサービスのお店が増えてきました。
ビュッフェ等は元からセルフではありますが、韓国のビュッフェや店のセルフサービスの意味は客は自分で好きにやって良いから、店側は何もしないよということみたいです。

と申しますのも、まず、セルフの店は汚いです。
これが最大のポイントでもございます。

セルフの店は料理が並べられている周辺やテーブルは汚れるものです。
それなのに、いつまでも汚いままに放置。食欲が失せます。

また、韓国人は一度取った食べ物を戻す癖があるので、食事自体も汚い。みんなで食事は共有という意識ですから、箸をつけたものでも汚いという認識はございません。
加えて、セルフで料理できますよというコーナーは、調理器具が使われたまま(掃除をしない)の状態が続くので汚くて、こんなんを使用してよく食べられるな~というレベルです。

ビールサーバーもセルフならば溢れてもお構いなし。ベロベロ舐めて、赤唐辛子の破片がジョッキのふちに付いているグラスをビールサーバーに押し当てて注ぐ。注ぎ口はもちろん使用済みジョッキにバッチリ当たって汚れます。

ソフトクリームのセルフ製造機はソフトの残りが抽出口や周りに付いてカピカピに。ワッフルのセルフ焼き機も生地の残りが周りに残って、カピカピ&前の人が使ったチョコレートクリームや生クリームやらが焼き機の端に残っています。

うえ~っていうレベルの韓国のビュッフェやセルフサービスコーナー。
全然気にしないよというくらいにならないと韓国では生きてはいけませんよ!!

私は知人と一緒でしたが、もちろん怖くて逃げ出しましたけどね。