外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国では学歴が大事~良い学校を出ていれば仕事ができると思ったら大間違い~

韓国人は学歴をとても重要視します。
初対面でもどこの大学を出て、その大学はどれくらいの位置にあって有名か等々。。。

どのような仕事をするにも大学を出ていて、しかもその大学の偏差値がどれくらいかで物事が決まる。
仕事ができる3流大学出よりも一流大学出の仕事ができない人の方が優秀(と考えられている)。
???ですよね。

私も前職では東大京大出の人たちのいる職場で仕事をしておりましたが、確かに頭の良さや文章構成能力、思考スピード、回転の速さでは叶いません。
しかしですね、彼らにも弱点もあって、彼らにも不得手な仕事もある。

ある分野では高卒の人が上を行ったりして優秀な成績を収めたりと、一概に頭が良ければ仕事ができるとは限らないわけです。
もちろん、頭が良いので仕事ができる人の確率も高くはなるのですが、学校の成績や入社試験だけでは決められないということです。

頭が良くてもズボンを全部降ろさないと小用をたせない人もいるわけです。
頭が良くてもエクセルを使えない人だって見てきました。

首都圏の中高一貫進学校出よりも地方の進学校を出て東大を出た人のほうが極面であと一歩が出るというか、肝が座っていると言うか、勉強ばかりしていない人のほうが仕事ができるというのも見てきました。

何でもかんでも学校の成績(頭)が良ければ良いと考えていると、世界の流れから取り残されてしまうこともあるのです。

学校に入る時点の成績を過信していると先の未来を読めなくなるものです。

しかも、韓国の優秀な大学を出ているというだけで仕事ができるかどうかなんて全く以って怪しいわけです。

自分は世界一の国である韓国の〇〇大出だというプライドだけで、仕事もできないのに妙な自信だけを持つ輩をたくさん見てきたので、余計疑わしく思います。

この国に生まれて、この国のシステムで大学を出た。周りよりも優秀だからと妙な自信も得た。

こんな人たちばかりのこの国で、本当に優秀な人を見つけることは容易ではありません。