外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

人間の進化について間近で見られる国①~科学者にとってはとても良いフィールドではなかろうか?~

人間を含む動物の進化については進化論として研究・議論されております。
猿から人間になったと言われる我々人類ですが、では、新たに進化をする猿系の動物がいても良いようなものですが、その進化の報告はない。

しかし、韓国に住んでいると動物から人間への進化の過程がどうやら見て取れるのではなかろうかと最近思うようになりました。

と言いますのも、韓国人の生活の様子は猿等の動物たちの生活や行動と酷似しているものが多い。
具体的には、
1.ルールよりも感情に支配される
2.食べ物は共有であり、みなで分け合う。他人が残した物でも食う
3.食べ物への執着が強い
4.みなと同じ行動をとる
5.外見ばかりに注意をはらい、本質を見ない
6.どこでも用を足し、それを汚いとは思わない
などです。

まず1.からですが、猿などの動物と一緒で韓国人は感情に支配されている。
集団内のルールはあれど、ルールよりも感情に支配されているのが動物達です。
ルールよりも感情が優先なので、いつでも喚いて争う。

これと同じことが韓国で生活していると毎日見られます。

いつでも自分の主張ばかりで相手の意見は聞かない。
理由を説明しても分からないから、どうしてそうなったのかがわからない。
理由を必要としないから弁明の機会もない。

このような感じですからいつまでたっても争いごとが解決しません。

法律はあれど、感情が優先。
そうなれば、社会の秩序も大きく歪みます。
現に法の支配よりも感情の支配が大きい国。

こんな野生動物のコミュニティのような国、一人間として住みづらくてたまりません。