外国で生活することになりました

韓国・釜山での生活の日々を綴っています。韓国は大嫌いですが、改善されますでしょうか。。。

韓国の野菜は豚の餌なのだろうか?~韓国人がバカにする南米高地国の野菜と変わらない~

先日、インターネットスーパーで食材を買いました。
鴨のローストを作ろうと鴨肉を購入しました。
一般的に韓国の鴨肉はスライスされて売られています。韓国人は鴨を鍋料理にしか使わないので鴨のローストという概念はございません。

塊の鴨肉に加えて送料を無料にするために各種野菜も購入。

しかし、商品が全て揃ってから発送という韓国スタイルのため若干配達が遅れました。
商品が届いて中を開けてみると、レタスが赤くなっている。。
これは食えないだろうとクレームを入れましたが無視。流石です。途上国です。

さて、こればかりではなく韓国の野菜はあまり鮮度がよろしくない。
みなさんが考えるレタスって緑色でしょう?水気があって葉が一枚一枚はがれますよね?

韓国のレタスはガツガツとした黄緑色。まるでキャベツのよう。
ナスも収穫時期が過ぎて大きいし、きゅうりも瓜のようです。トマトに至っては味も風味もない。

とうもろこしもベタッとした飼料用で日本の(スイートコーン)とは違うし色がまばらなものもございます。
なぜかわからないけどフリントコーンのような物も売られている。

野菜の鮮度があまりよろしくなくて、南米ボリビアベネズエラを思い出す。

以前、韓国に来た時に冗談で南米の日系人ですと言ったら店を追い出されました。
韓国人にとって、南米の人は途上国の人。差別の対象なので彼らと同じとは考えないし同類だとは見られたくない。

しかし、韓国が南米以下だとわかれば発狂することでしょう。

野菜に関しては、南米の高地の国と同じでございます。コロンビアにボリビアベネズエラ

食を見れば先進国か途上国かが分かります。もちろん韓国は途上国でございます。
自称先進国でも食ってるものは餌のような韓国料理ですから、料理の中に入るものも豚の餌のようなものが多くなるのでしょう。

世界から韓国を見ると韓国の立ち位置が見えてきます。